第5回 健康と経営を考える会 シンポジウム開催のお知らせ

お知らせ 2018年03月28日 配信

2014 年から5回目となった「健康と経営を考える会シンポジウム」。健康経営の理論から実践までを学ぶために、時代を代表する経営者、保険者、医療職、行政官が集います。

満員の会場となった前回は、サントリー新浪社長の基調講演や日本医師会を含めたパネルディスカッションなど、これからの健康と経営のあり方に多くの示唆を得ました。

今回は丸井グループの青井代表から経営理念としての「健康」について基調講演をいただくほか、産業医を交えたディスカッション、データヘルスなどの成功事例紹介と充実の内容。

健康と経営をリードする本シンポジウムに是非お越しください。

第5回 健康と経営を考える会シンポジウム テーマ

健康経営・データヘルスで
国・会社・家庭を変える!
~経営・健保・社員が一体となった「新たな価値創造」の実現を~

 

第5回 健康と経営を考える会 シンポジウム リーフレット【PDF】

 

開催要領

日程:平成30年5月22日(火) 13:00~17:00(開場 12:30)

会場:一ツ橋ホール

神保町 日本教育会館3階 東京都千代田区一ツ橋2-6-2 交通案内 >
車椅子用のエレベーターは左側1号機、バリアフリー仕様トイレは4階です。

参加費:3,000円

 

 

シンポジウム参加申込み方法

本ホームページにて受け付けております。以下「参加申込WEBフォーム」よりお進みください。

お申込み期限は、4月25日(水)までです。定員に達した場合は、お申し込みいただきましてもご参加いただけない場合があります。予めご了承ください

お支払いは、銀行振り込みでお願いいたします。お申込み送信後に送られる自動返信メールに振込先口座を記載しておりますので、ご確認ください。

定員に達しましたので、受付を終了いたしました


本シンポジウムの特色

1.青井 丸井グループ 代表取締役社長の基調講演

健康経営銘柄2018認定、「第2回働きやすく生産性の高い企業・職場表彰 優秀賞 職業安定局長賞」受賞、DBJ健康経営格付けで最高のAランクの格付を取得されている丸井グループの青井代表取締役社長による基調講演を行います。

2.経営者・産業医・行政による講演とディスカッション

健康経営銘柄に3年連続(2015-2017年)認定されている日本航空の藤田副社長、東芝・IBM等で専属産業医・統括産業医としてもご活躍されてきた浜口教授によるご講演と、経産省・厚労省による最新情報を踏まえ、「健康経営」「データヘルス」について経営者・産業医・行政によるパネルディスカッションで議論を深めていきます。

3.「健康経営」「データヘルス」成功事例とディスカッション

ディスコ、味の素、SCSKの成功事例報告を踏まえ、「健康経営」「データヘルス」「働き方改革」について担当される皆様によるパネルディスカッションを展開してまいります。SCSKと味の素は「健康経営銘柄2018認定企業」、ディスコとSCSKは「第1回働きやすく生産性の高い企業・職場表彰 最優秀賞 厚生労働大臣賞」を受賞しています。

 

プログラム

開会 13:00

ご挨拶

  • 厚生労働省 保険局長 鈴木 俊彦
  • 経済産業省 商務・サービスグループ審議官 藤木 俊光
  • 公益社団法人 日本医師会 副会長 今村 聡 ビデオメッセージ

基調講演

すべてのステークホルダーと共にしあわせを創る
-丸井グループの価値共創経営-

健康経営銘柄2018認定、「第2回働きやすく生産性の高い企業・職場表彰 優秀賞 職業安定局長賞」受賞、DBJ健康経営格付けで最高のAランク格付を取得。名実ともに健康経営をリードする、丸井グループ 青井代表取締役社長にお話しいただきます。

  • 株式会社丸井グループ 代表取締役社長 青井 浩

第一部

「新たな価値創造」を語る!

経営者・産業医・行政による講演とパネルディスカッションです。厚労省・経産省による最新情報をふまえ、健康経営・データヘルスについて議論を深めます。

  • 講 演①
    新たな価値創造に向けJALグループが取り組む健康経営について
    日本航空株式会社 副社長・CWO 藤田 直志
  • 講 演②
    産業医から見る「働き方改革と健康経営」
    産業医科大学産業生態学研究所 作業関連疾患予防学 産業衛生教授 浜口 伝博
  • ショートプレゼンテーション①
    経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課長 西川 和見
  • ショートプレゼンテーション②
    厚生労働省 保険局 保険課長 安藤 公一
  • ディスカッション
    モデレーター: 株式会社ミナケア 代表取締役 山本 雄士

第二部

価値創造の成功事例から学ぶ!

企業・組合の成功事例をもとに、健康経営、データヘルス、働き方改革について話し合います。味の素と SCSK は「健康経営銘柄2018 認定企業」、ディスコと SCSK は「第1回働きやすく生産性の高い企業・職場表彰 最優秀賞 厚生労働大臣賞」を受賞しています。

  • 事例報告①「関係の質が支える健康経営」
    ディスコ健康保険組合 常務理事 小沼久実子
  • 事例報告② 味の素流「働き方改革」と「健康経営」
    味の素株式会社グローバル人事部労政グループ シニアマネージャー 小林 修
  • 事例報告③ 経営トップ主導で働き方を変え、健康づくりを推進
    SCSK株式会社人事グループ ライフサポート推進部長 篠原 貴之
  • ディスカッション
    モデレーター:医療法人社団 同友会 理事長 髙谷 典秀

閉会 17:00

 

運営

主催

  • 健康と経営を考える会

共催

  • 株式会社 ミナケア
  • 医療法人社団 同友会

後援

  • 厚生労働省
  • 経済産業省
  • 公益社団法人 日本医師会

協賛

  • 公益社団法人 全国労働衛生団体連合会
  • NPO法人 日本人間ドック健診協会
  • 全国総合健康保険組合協議会
  • 東京都社会保険労務士会
  • 一般社団法人 全国健康増進協議会